hogehoge

旅、ローカル情報など

本のセレクトショップ、恵文社一乗寺店に行ってきた。

恵文社について

正確には「本にまつわるあれこれのセレクトショップ」だそうな。そんなキャッチコピーの恵文社一乗寺店に行ってきた。京都では有名な名物書店で、イギリスのガーディアン紙が選ぶ「世界で一番美しい本屋10」に日本で唯一ランクインしている。かなりおしゃれな外観で、手前のベンチに座って写真撮影する方もいたのでフォトジェニックポイントなのかもしれない。

恵文社一乗寺店の外観写真

本の以外の品物にもこだわる本屋

店舗の内部もアンティークな雰囲気を重視されていてまるで映画に出てくるかのような本屋。 f:id:nomore1013:20180913084840j:plain

本のセレクトショップ

店舗の雰囲気もさることながら書籍のラインナップはどうなのか、一つコーナーを見ただけで「これはいい!」と分かった。 私が好きなジャンルは哲学と旅だが、少し眺めただけで気になる本がすぐ見つかった。有名なものから自費出版と思われる本まで取り扱っていて、自分が好きなジャンルの珍しい本が読みたい人から新たなジャンルに入門したい人まで楽しめるように設置された本棚だった。

f:id:nomore1013:20180913084851j:plain f:id:nomore1013:20180913084858j:plain 本の網羅性よりコンセプトを重視で本が並べられている。建築に関係する本が本棚3つ分並べられていたのでおそらく店員さんの特ジャンルなのだろう。

書店内で一番気になったコーナーはコミュニティに関するコーナーだ。この書店自体が一種のコミュニティを意識されて運営されているのではないだろうか。並べられている本も店員の好みによってセレクトされているので同様にシェアハウスや小さな喫茶店を運営したい方は参考になる書籍があると思う。 f:id:nomore1013:20180913090936j:plain

私は旅コーナーでおすすめされていた「旅をする木」を購入した。このブログを書き始める前に読み終えたところなのだが非常に面白い本で一気に読んでしまった。感想はまた別記事で書くので気になる人はぜひ読んでみて欲しい。

最後に

最近技術書以外の本を読む機会が減っていたがここに来て自然と自分の興味のままに本を買ってしまった。書店の雰囲気と並べられている面白い本に刺激されたのだと思う。最近はkindleでだいたいの本が帰るしこれからはオンラインだけでいいや〜という考えを改めさせてもらえる書店だった。気になる人は京都に訪れた際は是非立ち寄ってみて欲しい。それでは。